マンデリンコーヒーの特徴

マンデリンの特徴

マンデリンはインドネシアのスマトラ島北部に位置する高原地帯で栽培されているコーヒー豆です。
青緑色で厚みのある大粒の豆が特徴で、豊かなコクと独特の香りを持ちます。
コク深く苦みもあるのが特徴ですが、飲みにくい苦みではなく、心を落ち着かせ癒してくれるような苦みが感じられます。
コーヒー特有の心に安らぎを与える優しい苦みと、体を揺さぶられるほどの力強いコクが合いまったコーヒーとして非常に人気があります。
独特のコクと香りを持つバランスのとれた味わいですので、コーヒーの苦みが苦手という方にもぜひチャレンジしてほしい豆です。

コクと苦み、香りに期待する方へ

マンデリンは苦みと濃厚なコク、そして香りも欲しいという方におすすめのコーヒーです。
カフェごとの焙煎の仕方や抽出法にもよりますが、香りは焼き立てのビスケットのような芳ばく、コーヒーがあまり得意でない方でも飲みたくなる、食欲をそそる香りが漂います。
力強い苦味とコクがあるので、コーヒー派の方の間ではファンが大変多い世界的にも人気のコーヒーです。
コーヒー豆の挽き方としてはシティ以上の深煎りがおすすめで、キリリとした苦みを堪能することができます。
カフェの多くも深煎りで提供していますが、1杯ずつ挽いてくれるお店であれば、シティ以上で注文するか、少し苦みが苦手だけれどマンデリンを楽しんでみたいかたは、ミディアムでオーダーしてみましょう。
ミディアムでは柔らかい酸味と苦味のバランスを楽しむことができます。

まずはストレートで味わって

マンデリンを楽しむなら、まずはストレートで、ブレンドなどをせずに飲みましょう。
苦みやコク、香りを楽しむならブラックがおすすめで、苦みとパンチのあるコクで頭もスッキリし、眠気も覚めるので仕事の合間やドライブの休憩に飲むにもおすすめです。
また、コクと苦みと香ばしい芳香というコーヒーらしい風味が楽しめるので、砂糖やミルクをたっぷりカフェオレやカフェラテにしても、コーヒーらしさが失われず、美味しくたのしめます。
なお、ミルクを入れるなら、シティ以上の深煎りがおすすめです。
なお、シングルで飲むだけでなく、そのコクの深さからアイスコーヒーのベースとしてブレンドされることも多い銘柄です。
独特でありながらも上品な味わいは世界的にも高い評価を受けており、豊かな香ばしい香りと濃厚なコクに、嫌みのない柔らかな苦味は一度飲むと虜になります。
飲んだ時に広がる深みのある上品なテイストと香りに魅了されることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です