ビターを味わうカプチーノ

カプチーノの語源は

カフェでよく注文するカプチーノは、イタリアで好まれているコーヒーの飲み方の1つです。
カプチーノのという言葉は、カトリック教会の一派のカプチン会の修道士のことを指します。
彼等が着るフードのついた修道服の頭巾やフードのカップッチョからといわれています。
もっと詳しく言うと、カプチーノの茶色が修道士の服の色と似ていたからとか、カプチーノには蓋という意味があることから浮かんだミルクの泡を蓋に見立てたから、修道士の頭頂部のみを剃髪した髪型が、白い泡をコーヒーが囲むのに似ているから、などと色々な説があります。
そんな言われある飲み物なのです。

カプチーノとカフェラテ、カフェオレの違いは分かりにくいもの

カプチーノとカフェラテの両方で使われるのは、細かく挽いた豆に圧力をかけ、短時間で抽出したコーヒーエスプレッソを使います。
ちなにみ、ネルやペーパーでドリップしたコーヒーを使うのがカフェオレです。
コーヒーエスプレッソはドリップコーヒーに比べて旨味が凝縮、カフェインが少なく、キレのある味になります。
カプチーノで使われる牛乳は、蒸気でふわふわに泡立ったフォームミルクです。
割合は、エスプレッソと温めたミルク、フォームミルクが1:1:1となり、ほとんど等分となっています。
蒸気で泡立てたミルクが味をまろやかにして、エスプレッソの深い味わいとマッチした飲み物です。
カフェラテは、蒸気で温めた泡立っていないスチームミルクをを使います。
カフェオレはドリップコーヒーに鍋に入れて火にかけ温めた牛乳を使用します。

今日はどっちの気分にするか

日本ではいつでも飲みたい気分の時に飲むのですが、イタリアではカプチーノを飲むのは、朝食時とほぼ限られています。
バールという喫茶店やカフェにあたる店で、朝食にクロワッサンやブリオッシュと一緒に飲むことが多いです。
カプチーノはミルクの泡の表面にエッチングやココアパウダーを振り掛けたりして描く文様やイラストなど女性に人気だが目でも楽しむことができる飲み物です。
しかし、温かく泡が消えないうちに素早く美しく描くことが求められる高度な技術が必要とされるので、誰でも簡単に出来るというわけではありません。
カプチーノとラテは全く風味や味わいが異なりますから、その日の気分で選ぶとよいでしょう。
カプチーノは泡が多く口当たりが良いのですが、ミルクは多くないのでビターを楽しみたい時には最適です。
カフェラテはミルクの割合が多いので、エスプレッソのビターが柔らかく、マイルドになります。
フランスが好むカフェオレはパリジェンヌになった気分で味合うのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です